PAGE TOP

腰の下の方が痛い(仙腸関節性腰痛)

こんにちは!
目黒駅前こしいし整体院 院長の輿石(こしいし)です。

本日も「慢性的な腰痛」にお困りのあなたに有益な情報をお伝えしていきます!

 

今回は、立っている時に痛い(特に骨盤の部分)「仙腸関節性腰痛」について解説していきたいと思います。

 

※ラクな姿勢で立った状態で、痛みを感じる部分を人差し指で示すと赤色の部分が痛い方「仙腸関節性腰痛」の可能性があります!

⑴仙腸関節性腰痛になりやすい方
①スポーツをしている女性
②妊娠中・出産後の女性
③腰椎の固定手術を受けている

 

⑵仙腸関節性腰痛になるまで
仙腸関節とは?
骨盤の中で最も大きな左右の「腸骨」と腰椎の土台となっている真ん中の「仙骨」をつないでいる関節。
仙腸関節は周りを靭帯で固まれているため、ほとんど動かない。
(だいたい、2、3ミリ程度しか動かないといわれている)

 

しかし・・・

大きな縦長の関節で、重力の影響を受けやすく、些細なことでズレやすい。

「仙腸関節は、3ミリしか動かない(くせに)ズレやすい」

仙腸関節がズレる→負荷がかかる→関節にある神経が異常を察知→「痛み」の信号を発する。

 

やっかいな仙腸関節性腰痛にも治し方、ケアの仕方があります!
(残念ながら、多くの治療院は治し方を知りません・・・)

 

困ったものです。。。

 

本日も最後までご覧いただき本当にありがとうございます!

 

 

 

【詳細はこちら】
↓↓
TEL:03-5422-6539

HP:https://xn--n8j3amb4770bf2gosqikovz8aricr27bvs6c85wa.com/

LINE:@neo8319j

〒141-0021東京都品川区上大崎2-18-25目黒三田フラワーマンション401

ー目黒・品川の腰痛専門整体院 目黒駅前こしいし整体院ー
院長 輿石 隆太

 

LINEで送る
Pocket