PAGE TOP

腰周辺の広い範囲で痛い(筋筋膜性腰痛)

こんにちは!
目黒駅前こしいし整体院 院長の輿石(こしいし)です。

本日も「慢性的な腰痛」にお困りのあなたに有益な情報をお伝えしていきます!

 

今回は、腰周辺の広い範囲で痛い(筋筋膜性腰痛)について解説致します!

 

筋筋膜性腰痛(筋肉からくる腰痛)の方は、このようにピンポイントというよりは、広い範囲で痛いという感じです。

⑴筋筋膜性腰痛になりやすい人
①重いものを持ち上げる動作をする
②座りっぱなしや立ちっぱなしが多い

③椎間板や椎間関節に障害がある
④体幹のインナーマッスルがうまく使えていない

 

⑵筋筋膜性腰痛になるまで
①原因となる筋肉
主な原因となるのが、脊柱起立筋

(棘筋・最長筋・腸肋筋を合わせて脊柱起立筋と言います)
ここに慢性的に負担がかかることでコリや張りが出る→やがて痛くなる。

②椎間板や椎間関節の変性・障害
代わりに脊柱起立筋に負担がかかる→筋肉疲労がたまる→痛みが発生する。

③脳が原因の痛み
痛みが慢性化すると、関節や筋肉は治っているのに、防御反応により、筋肉を収縮させるよう命令。
これが、何度をくり返されるうちに慢性的なコリへとつながり、痛みが発生する。

 

筋筋膜性腰痛にマッサージをすると、その場は効果的だったりしますが、

強すぎるマッサージは逆に筋肉を固くしてしまうことも多々あります。

 

あなたは、適切な施術を受けていますか?

 

 

本日も最後までご覧いただき本当にありがとうございます!

 

 

【詳細はこちら】
↓↓
TEL:03-5422-6539

HP:https://xn--n8j3amb4770bf2gosqikovz8aricr27bvs6c85wa.com/

LINE:@neo8319j

ー目黒・品川の腰痛専門整体院 目黒駅前こしいし整体院ー
院長 輿石 隆太

LINEで送る
Pocket