PAGE TOP

自己紹介

プロフィール

名前:輿石 隆太(こしいし りゅうた)

生年月日:1993年2月26日

国家資格:鍼灸師・柔道整復師

趣味:旅行・食事・サウナ・読書・スポーツ観戦(野球、ラグビーなど)

好きな食べ物:肉・魚・甘いもの

嫌いな食べ物:春菊・パクチー

尊敬する人:松井秀喜さん・安室奈美恵さん

苦手なこと:絵を描く・集団行動・字を書く(字が致命的に汚いため、以前の勤め先で診察券の記入を禁止されていたこともあります)

      

 

誕生~幼稚園(僕の記憶と両親から聞くエピソード)

①周りの男の子たちは「ウルトラマンになりたい」と七夕の短冊に書いている中「ミッキーマウスになりたい」と書いたこと

②保育中に先生の言うことを聞かず、一人で絵本を車のハンドルに見立て、ぐるぐる回していたこと(発達障害なのでは?と心配されていたそう)

この頃から少々の変わり者だったようです。

 

 

 

治療家を目指した理由

野球に明け暮れていた学生時代、投球時の肩の痛みに悩まされ

ちょうど同じ時期に父は腰痛(椎間板ヘルニア)に悩まされていました。

私も父も接骨院に通ったり、ハリをしてもらったり様々な施術を受けてきました。

しかし、その日は良くても次の日には痛みが戻ってしまう・・・

そんな日々を繰り返していました。

高校入学時には

「大学でも大好きな野球をやりたい!」

そう思っていた私も、肩の痛みのせいで思うように投げることができず、大学に進学して野球をやることを諦めました。

父は、立っているとことも困難な腰痛で3回も入院しなければいけない状態に。

当時、こんなことを思いました。

「まともな治療家に出会えていれば、大学でも野球が出来たのでは?」

「まともな治療家に出会えていれば、父も入院せずに済んだのでは?」

「父がこのまま良くならず、寝たきりになってしまったらこの先どうなるのだろうか」

「自分のような経験をする人を減らしたい」

そう思った私は鍼灸師・柔道整復師の免許の国家資格取得を目指すため、専門学校へ入学。

学校へ通いながら1日平均130人が来院する整骨院に勤務し、毎日21時の診療後、日付が変わるまで手技の練習や勉強をしていました。

 

 

 

 

力不足を克服するために

様々な痛みを訴えられる患者様に対して必死に施術をする毎日。

特に腰痛を訴えられる方が多く、当初の私は軽度の症状であれば改善出来ましたが、慢性化してしまっている患者さんの症状がなかなか改善に導けません。

本当に悔しかったです。自分が高校生のときに経験したつらい思いを患者さんにさせてしまっていた訳ですから。

患者さんに申し訳なかったです。それから必死に勉強をしました。

休日を利用し、毎週のように治療家向けのセミナーに。

勤め先からセミナー代が支給されることはありませんでしたが、少しでも患者様の痛みを和らげられるようになりたい!

という思いに突き動かされ、セミナーに通っているうちに少しずつではありましたが、今まで改善できなかった症状の患者さんの痛みを改善できるように。

しばらくすると、以前より患者様に喜んでいただけることが圧倒的に多くなりました。

(現在も知識・技術を高めるため毎月、大阪と東京の勉強会に参加しております。)

 

 

 

開業しようと思ったタイミング

これで慢性痛患者さんの症状もラクにできる!

という自信も少しずつ、ついてきました。

次の悩みは、雇われていることで色々な制限があったことです。

スタッフが何人かいると、周りと足並みを揃えなくてはなりません。

先輩についていく新人の頃は、それがありがたく感じました。

しかし、雇われの院長だったこの頃には「足並みを揃える」ということに足を引っ張られる感覚を感じていました。

 

「このやり方の方が結果出せるのに・・・」

 

そう分かっていても、自分が学んできた技術を勝手に提供することが許される環境ではありません。

この中にいても患者さんに最善の治療はできない・・・

「最善の治療を患者さんに提供するには、開業するしかない」

と思ったのです。

 

 

 

患者さんの人生を変える

少しおおげさに聞こえましたか?

「偉そうに。お前に人生変えられたくねーよ」

と思われるかもしれません(笑)

しかし、少なくとも大学で野球をやることを諦めた高校生の頃の私や3回も腰痛で入院した父の場合は、痛みがなければ違う人生になっていたと思うのです。

 

 

 

最大のやりがい

患者さんから

「お医者さんに手術を勧められたけど、諦めず先生に治療してもらって良かった」

「他の治療院に半年以上通って良くならなかったけど、今では痛みを気にせず運動ができるようになった」

「孫と元気に遊べるようになった」

など喜びの声をいただけたときは、本当にこの仕事に就いてよかったと思いました。

「痛み」がある為にやりたいことを我慢しなければならない

「もうこの慢性痛は改善しない」

と慢性腰痛や慢性膝痛のせいでお困りであれば、まず私に相談してほしいのです。

LINEで送る
Pocket